2021年秋のWebトレンド(ホームページ制作のポイント)を紐ときます。

2021年秋のWebトレンド(ホームページ制作のポイント)を紐ときます。

こんにちは、岩手県のホームページ制作会社メディアワークスです。

今回は2021年秋のデザイントレンドをご紹介いたします。

キーワードは、「スマホファースト」「シンプル/すっきり」「エフェクト」の3種類です。

各項目について簡単にご説明いたします。

スマホファーストデザイン

Webサイトへのアクセスの中心はスマートフォンとなりました。

これまでは、サイトの設計図を書く際には、まずはパソコン画面を想定して製作してきましたが、最近では重要度の高いスマートフォンのデザインから描き始めることも多くなってきました。

スマホ向けのデザインで気を付けるべきことは、「見やすさ」です。

パソコンと比較するとディスプレイ幅は小さい為、小さい画面の中でどれだけ、しっかり情報を伝えらえれるかが重要なポイントです

スマートフォン向けのサイト構築で具体的に気を付けるべき点は、
・見やすさ
・読みこみの早さ
・わかりやすさ

です。

サイト構築時、いかにスマートフォンからのアクセスを意識して、基本デザインを構築していくかは、とても重要なポイントです。

シンプル/すっきりしたデザイン

情報をギチギチと詰め込まず、余白をたっぷり使ったスッキリしたデザインが、2021年のトレンドとなっています。

最近では、実生活で利用するお店やスーパーなども、買い物導線を意識して、十分にスペースをとり、通路を広くとったり、見渡しをよくしたりしていますが、Webサイトでもまったく同じ現象がおこっています。

時代の好みとして、シンプルというものがあるのかもしれません。

ただ、シンプルなデザインこそ、ホームページ制作会社の腕が必要となります。

ただ、単にシンプルだけを意識してしまうと、飾り気がなくさみしいサイトに仕上がってしまい、サイトを見たお客様が、退屈してしまうとことになりかねません。

シンプルさは「本当に大事な核心部分がなにか」という明確なテーマがあってこそ、はじめの、その言葉の魅力が伝わります。

「誰に、何を伝え、どう伝えるか」というのがホームページです。

実は、シンプルこそ本当に難しいもので、サイト全体を通して、どういったメッセージ性を伝えるために製作するかという視点が重要です。

しっかりおさえておくことが大切です。

動きのあるページ

最近は、スマートフォンで閲覧した場合でも、動きのあるホームページが増えてきました。

・字がふわっと浮かび上がる
・カーテンが開くように写真が現れる
・スクロールに応じて動く

これは、サイト構築時に動きをだす為の仕組みが、より軽量化されたことにより、動きをだしてもサイトが重くならなくなったことが理由です。

以前は、動きのあるサイトというとFLASH(フラッシュ)という技術が使われていました。

しかし、FLASHは読み込みに時間がかかりすぎてしまうことから、外出時は読み込み速度が遅くなるスマートフォンには適さないという事で、敬遠されてきました。

特に、スマホで圧倒的シェアを誇るiPhoneは最初から読み込みが遅いFLASHに対応させる気はなく、スティーブジョブズもFLASHを毛嫌いしていたと言います。

しかし、iPhoneでもしっかり機能する、軽量化された、プログラムも多くなってきており、時代のニーズにあった新機能も続々と登場しています。

シンプルなデザインのなかにも、ちょっとした動きをつけて、遊び心だったり、驚きをプラスすることで、ホームページがより魅力的な仕上がりにすることができます。

例えばこういうデザイン


引用:https://watanabe-hoken.com/

Web技術解説カテゴリの最新記事