お見積り・ご相談は無料です(全国対応) TEL 050-3013-4510 営業時間 午前10:00-18:00 定休日 土・日・祝

公的な提出書類のホームページアドレス記入欄も大きくなっています。

公的な提出書類のホームページアドレス記入欄も大きくなっています。

青森県八戸市、岩手県二戸市を中心に全国対応のホームページ制作を行っているメディアワークス株式会社です。

ホームページ作成のご依頼を頂いたときに「ホームページ制作の目的」をお聞きすると、多くの方がお客様へのアピールをしたいという方が多いように思います。たしかに、検索にヒットさせることでお店の露出度を高めて、たくさんの方にお店の存在を知って頂くのは、この時代に合理的な手法です。

しかし、ホームページ制作はお客様へのアピール以外にも多くの役割を果たしてくれます。

公的な書類にもホームページアドレスの記入欄が大きくなってきている。

決算時に税務署提出する「法人概況説明書」という書類があります。

この書類には項目の中に「ホームページアドレス」という記入欄が含まれていて、以前はほんの少しの記入スペースしかなかったものが、どんどん枠が大きくなってきました。

わざわざ、不要なスペースを大きくしませんので、「ホームページアドレス記入欄」は税務署が必要と判断している欄だからこそ大きく枠が用意されていることに他なりません。

ホームページがしっかりしている会社だと、見た人の安心度・信頼度も高まりますので、税務署も例外ではないようです。

今回の写真は法人概況説明書のものを掲載していますが、多くの場合においてホームページを持っておくことは優位に働きます。

名刺・チラシ・ポスターなどにも、ホームページアドレスを添えておく。

テレビ・ラジオなどでも、「〇〇で検索してね」とか、新聞や雑誌でも「〇〇で検索」いう言葉をよく目にします。

テレビやラジオは、宣伝秒数に限りがあるため「ホームページをメインの宣伝場」として制作し、テレビやラジオ、新聞を活用してホームページまで誘導するという手法のCMです。ホームページまで調べてくれるお客様は、もともと興味がある人ですので、ホームページにおいて商品を魅力的に宣伝できていれば売り上げに直結する可能性が高くなります。

これは、地域のお店でも使える手法です。

お店の実績やセールスポイントを網羅したホームページをしっかり作っておけば、様々な場面において「更新しているのでホームページ見てみてください!」という言葉が使えるようになります。

新しい取引先やたまたま知り合った方などにも名刺を渡した時に、「ホームページもやってますので見てみてください」と一言添えると、興味があるひとはアクセスしてくれます。

もっともっとホームページの役割は大きくなります。

税務署に提出する書類のホームページアドレス記入欄が大きくなってきたことからもわかるように、宣伝以外の様々な場面でもホームページの果たす役割は大きくなっています。

昔つくったままホームページが放置されている、あまり更新していない、デザインを一部だけ変更したいなど、ホームページに関するご相談は受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

web制作カテゴリの最新記事